全件表示TopRSSAdmin
information
    散文、なにやら詩的な物が置いてあります。
    時々日記が出てきます。
    ―――――――――――――――――――――――――――――― ――――― ――――― ―――――
    リンク


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(スポンサー広告)| -- : -- : -- | | page top↑
2007 / 05 / 05 ( Sat )
そうして、あなたは愛らしく
わたしの心を奪うのです


痛むのはどうしてでしょう、こんなにも
あなたを惜しいとおもうのに
いとおしいと想うのに

見ゆたびに、傷んで
なみだが出るのです
こんなにも、こんなにも


あなたにあうたびにきらいになるわたしのこと
これいじょうはいやだからあなたにあわないと決めた


それなのに、どうしてでしょう、こんなにも
あなたを惜しいと想うから
いとおしいとおもうから

あえないことも、こんなにも傷む

どうしたらいいのでしょう、こんなにも
いとおしいと 想うから
どうしようもなく、あなたを
スポンサーサイト
(散文)| 03 : 38 : 02 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<処方箋を、ください | ホーム | 突然のそれ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://negpog.blog79.fc2.com/tb.php/88-d881ddf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。