全件表示TopRSSAdmin
information
    散文、なにやら詩的な物が置いてあります。
    時々日記が出てきます。
    ―――――――――――――――――――――――――――――― ――――― ――――― ―――――
    リンク


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(スポンサー広告)| -- : -- : -- | | page top↑
Is this love?
2006 / 11 / 02 ( Thu )
あなたに何をしてあげられるか

===============



はじめに


僕はきっとあなたが寄りかかるに足るものでないんです。

出来ないかもしれない事を「する」というのは無責任でしょう?
自分は出来ているつもりでも、あなたが「出来ている」と認めてくれなければ
意味が無いんだ。


今、色んな歌が歌っている事だけれど、どんなに言葉を交わしても、どんなに心を通わせても、あなたと僕とは別の塊で、解ることなんて出来ないと思う。

それでももし、僕とあなたが違った形を有していたら、皆が興じるかりそめの繋がりを営む事も出来たかもしれない。
(そんな安い繋がりは要らないと云うかも知れないけれど僕は、たとえそれがかりそめでも繋がりがなければ不安で仕方ないんだ。臆病な僕を君に詫びたい)

僕は一度あなたから、故意に離れました。
けれど、少し距離をとって見えたのはただ此処に在る生温い感情だけ。距離を取る前より寧ろ大きくなっているそれに僕は恐くなったんです。


あなたに会うと、駄目なんです。温い感情を思い出してしまうから。
きっとこんな感情を、僕はあなたに持ってはいけないんだ。
少なくとも、今は。


(けれど僕はあなたの、柔らかくて張り詰めた声を聞くとあなたを抱き締めたくて堪らなくなる。あなたの頬を見ると掌で包みたくなるし、唇で触れたいと思う。その眼が僕を見れば、この胸に抱き包みたくて仕方なくなるんだ)

この温い感情。

これは何ですか。


(本当は僕はこれの正体を知ってる)
スポンサーサイト
(散文)| 18 : 47 : 06 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<give,give,give and give | ホーム | ねぇ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://negpog.blog79.fc2.com/tb.php/7-ef971440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。