全件表示TopRSSAdmin
information
    散文、なにやら詩的な物が置いてあります。
    時々日記が出てきます。
    ―――――――――――――――――――――――――――――― ――――― ――――― ―――――
    リンク


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(スポンサー広告)| -- : -- : -- | | page top↑
憂鬱のショコラティエ
2007 / 03 / 17 ( Sat )
能面のような顔で砂糖菓子をつくる理由
何も考えなくて良い
決められたように混ぜ合わせるだけ
まるで化学実験のようなそれ

化学実験のようなそれ


出来るだけ甘く作るのが良い
甘い幸福の副作用は?
知っての通り


実りを叩き砕いた粉末に
生まれないために生まれた卵黄

そうだ食い物は大抵屍骸だ

本来ならその仔に注がれる筈だった乳白色
そしてもはや生き物から作られていない甘味料

まるで化学実験のようなそれ


夢のように甘い砂糖菓子を
噛み砕く瞬間

その甘さが命を削るってのに


音を立てて砕ける夢のような時間

音を立てて崩れる以前
甘い夢の幼さ それが
絶望を加速させた


そして今能面のような顔で、砂糖菓子を作る理由

何も考えなくて良い
決められたように混ぜ合わせるだけ

出来るだけ甘く作るのがいい
甘い幸福は命を削る副作用
化学薬品のようなそれ


誰の命を削りたいのか
つまるところ俺は毒薬をつくっている




俺が、本当に、
コイツを食わせたい相手は
こんなもの、簡単に口に入れるような奴じゃないのは知ってる
それでもこの手は
  (何も出来ないという現実を見たくないんだろう?、とアイツの声がした気がした)

この手は自ら、
コイツを口に運ぶんだ から

スポンサーサイト
(散文)| 00 : 53 : 48 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最終宣告 | ホーム | 実は遠出してました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://negpog.blog79.fc2.com/tb.php/56-2ea9d242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。