全件表示TopRSSAdmin
information
    散文、なにやら詩的な物が置いてあります。
    時々日記が出てきます。
    ―――――――――――――――――――――――――――――― ――――― ――――― ―――――
    リンク


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(スポンサー広告)| -- : -- : -- | | page top↑
蛟竜の御子
2007 / 03 / 07 ( Wed )
双子のようにして育った血の繋がらない僕達が繋がらない理由が一体どこに有ったというの

きれいだね、と言いあう
同じ花を見ていた
かわいいね、と言いあう
同じ虫を見ていた

わたしが君なのか君がわたしなのか
わからないねと笑ったのを覚えているかい

あいしてる、と言ったね
私もだ、とこたえた
なによりも、と言ったね
私もだ、とこたえた

互いの他に世界をしらなかったわたしたちには当然で
時間の動かないわたしのかわりに君はみるみると生いてゆく過程
生びゆくさまを見る

きれいだね、と言った時
わたしは花を見ていなかった
あいしてる、と言ったら
驚いた顔をしていた

少しずつ平行線でなくなっていったわたしたちには必然で
交わったその時から交差線はそわそわと離れはじめる行程
離れて君を見る

あいしてる、と言ったね
私もだ、と答えた
なによりも、と言ったね
私もだ、と応えた
時間の動かないわたしではない君は視線を違っても
時間の動かないわたしは今もそう思っているよ
スポンサーサイト
(散文)| 21 : 46 : 06 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<くじ運は結構良いです。 | ホーム | 和歌>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://negpog.blog79.fc2.com/tb.php/50-00a4f244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。