全件表示TopRSSAdmin
information
    散文、なにやら詩的な物が置いてあります。
    時々日記が出てきます。
    ―――――――――――――――――――――――――――――― ――――― ――――― ―――――
    リンク


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(スポンサー広告)| -- : -- : -- | | page top↑
ともすれば無責任
2009 / 06 / 30 ( Tue )
溢れる日常の心苦しさが癒しを消費していく。食いつぶされた彼等への安らぎは何処に有るのだ?

おいで僕のところへ。君が「浄化」という名のもと引き取って消化しきれぬ辛酸、請け負ってあげよ。
お誂え向きに僕の舌は鈍っているんだ、紫の白煙で。酸いも甘いもしょっぱい現実もわかりゃしないのさ

おいで僕のところへ。僕の朧化という衰退 差し迫って隠し切れぬ無力感、請け負っておくれ。
お誂え向きに僕の唄は余っているんだ。いくら微笑んでも、透いた想いを向ける先が有りゃしないのさ

安らぎを望む癒し、君
体温を持て余す無力、僕
此処に成立しないかい 需要と供給。

癒し疲れた君にこそ安らぎを、そう唄いたいのさ。


ああただ望むことは、「僕のかたちが君のお気に召したら好い」
スポンサーサイト
(散文)| 15 : 35 : 13 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | いつかこおりついたら>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://negpog.blog79.fc2.com/tb.php/326-5efa6b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。