全件表示TopRSSAdmin
information
    散文、なにやら詩的な物が置いてあります。
    時々日記が出てきます。
    ―――――――――――――――――――――――――――――― ――――― ――――― ―――――
    リンク


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(スポンサー広告)| -- : -- : -- | | page top↑
おやすみ 2007,10,16(Tue)
2011 / 09 / 13 ( Tue )
 三千百五十三万六千、時を刻んだ
 わたしがあなたを見初めてから。

 わたしは 長いこと
 随分と永いこと、保った
 この忍耐。

 いまは。恍惚として
 よもや 止めまい。
 最初で最期の告白を。

 あいしているよ、と囁いて
 此処で終わらす、君の いき
 すべておさめて、この胎に
 骨の欠片に至るまで。

 美味なる食前酒、一滴残らず
 蕩ける甘さは極上の蛋白
 恍惚の果肉でこの口を拭い
 そして、こう言うのだ。
スポンサーサイト
(日記)| 05 : 26 : 19 | | page top↑
ことば も なく
2011 / 09 / 13 ( Tue )
ほんとう を しっている
うばわれた あなた を とりもどしたい、と
おもう ばかり
いくら ばかり

ささい な こと と わらう かい
それ を はかれる のは ただひとり。
かなしむ ひと ばかり だと いうのに

「変わることなどない」
おれ も いえた もの では ない
きず を かくす ため に かたち を 変える
その 対処 に いたる
しんじょう を しっている

(散文)| 04 : 58 : 24 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。