全件表示TopRSSAdmin
information
    散文、なにやら詩的な物が置いてあります。
    時々日記が出てきます。
    ―――――――――――――――――――――――――――――― ――――― ――――― ―――――
    リンク


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(スポンサー広告)| -- : -- : -- | | page top↑
暗がりに体温
2007 / 08 / 29 ( Wed )
明かりがほしい、けれど厭がるから
君が厭がるから

仄暗くするけどそれが余計。
いろいろ、を
鋭くさせるんだって 知ってる?


スポンサーサイト
(日常の一こま)| 15 : 12 : 55 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
唄いめ の錯乱
2007 / 08 / 29 ( Wed )
彼は 彼は と唄い続けて、失念する。
その、彼もまた わたし であったのだという事を、


(散文)| 15 : 02 : 23 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
温故知新
2007 / 08 / 29 ( Wed )
語ってみようか、ソレを
古人のしたように、ソレを
歌ってみようか、コレを

(散文)| 04 : 12 : 35 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Puzzle
2007 / 08 / 29 ( Wed )
違うカタチだったらいい、なんて
馬鹿げた話だろ。笑ってくれていい

ただ君に添うに相応しい
正当な、遺伝子のかたちを


(叶わない夢は描かない主義、だったのに)

(散文)| 03 : 52 : 59 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2007 / 08 / 27 ( Mon )
あなたの あなたの、
甘く、苦い 甘い


(短文)| 02 : 22 : 30 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2007 / 08 / 26 ( Sun )
あぁ  ねぇ、あなた 愛なんて一体何を探しているの?探して知るの?


(散文)| 02 : 59 : 47 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カラ
2007 / 08 / 24 ( Fri )
空 から鳴る音
虚 から鳴る音

カラカラカラ
鳴る音

(それもまた日常の一こま)| 12 : 46 : 45 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
それは祈りの姿に似て
2007 / 08 / 24 ( Fri )
彼は眠らずに、いつも思案する。
目を閉じ、胸に手を置いて
背に床板の、圧を識り
しかし温度は覚えずに

想うのは専ら、過ぎた事柄


(過ぎた無知、過ぎた幸福、過ぎた悔恨、過ぎた邂逅
 そのあとに一瞬だけ、至らぬ未来を思い
 名前を呼ぼうと口を開いてやはり閉じる)


その自らを嫌悪して彼はまた、
目を閉じ眠りを真似て指を組む


それは祈りの姿に似て、まるで誰かに捧げる懺悔


(日常の一こま)| 12 : 27 : 38 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無欲か強欲か
2007 / 08 / 24 ( Fri )
わからないが、ああ、
この幸福


君をこの腕に抱く感覚
(繋がることは決して無くても)

(短文)| 06 : 20 : 09 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日記
2007 / 08 / 22 ( Wed )
今日(正しくは昨日、ですが)は、よく声を出しました。使われた喉がちょっと文句を言ってます。

9時間ちょっと、一人辺り4時間半、声を出していたわけですね。うわー、
選曲は互いの趣味に偏り気味(笑)でも友人は良い趣味・声をしているので、聞くのも楽しい。
しかしながらまったくもって、綺麗にシャウトする友人に憧憬。

(日記)| 03 : 40 : 57 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
影に浸る
2007 / 08 / 21 ( Tue )
月が、低く 黄色い
夜に
出会う 黒い、子供
ゆたり ゆらり、寄って、触れる
ぬるい 温度、体温を 吸う

冷たくなる身体が ここちよく、委ねる
液状に、たゆたう、心地
苦しくはなく


(どうして抗わないの?と子供が尋ねたのが、始まり)

(日常の一こま)| 23 : 56 : 45 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
誰が呼ぶの、その名で
2007 / 08 / 21 ( Tue )
泣いているの? 女王
かなしいの? 女王

誰があなたを、そんな風に

(散文)| 03 : 02 : 42 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
眠るまで目が覚めるまで
2007 / 08 / 20 ( Mon )
ほんのすこしでも長く
肌に触れていたいんだ
やすらぐから

(安堵して、涙まで零れるんだ。こんなにも崩れそうな腕なのに強く抱きしめてくれるから)


(ネタ)| 03 : 44 : 44 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2007 / 08 / 19 ( Sun )
昨日、聞いた。
毎日聞いてた。
なのに、覚えてる自信が無いもの。

(それもまた日常の一こま)| 03 : 14 : 16 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ああ
2007 / 08 / 19 ( Sun )
もったいないもったいないって、今更
もっと大切にすればよかった


(ネタ)| 02 : 44 : 45 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もっと、もっと
2007 / 08 / 19 ( Sun )
話して、話して、聞かせて見せて
覚えておくから
今のうち、に もっともっと

見せて、見せて、笑って怒って
覚えておくから
今のうち、に ちゃんときちんと

(散文)| 02 : 38 : 15 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
閉鎖
2007 / 08 / 18 ( Sat )
要するに会話とは情報の漏洩だ
影響、便乗、模倣
飽き飽きした


もう何も語るまい。

(散文)| 22 : 03 : 01 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タイトル不要
2007 / 08 / 18 ( Sat )
あいしてる?
あいしてます。

あいしてますか?
もちろん。あいしてる。



ああ ほら、この幸福感

(短文)| 22 : 00 : 31 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
平安
2007 / 08 / 18 ( Sat )
穏やかに冷たく とろけた感情に
たゆたって安住

もう誰にも惑わされることも、唆されることも無く
(短文)| 21 : 55 : 05 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
否定否定否定疲労感
2007 / 08 / 18 ( Sat )
そう 何度も同じ事を、確認しないでくれないか。なぁ、
もう、厭なんだよ


嫌いなんだ、既存で不毛な問答は。

(幾らNOと言ってもお前は信じやしないじゃないか)


(短文)| 21 : 53 : 28 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
はいはい
2007 / 08 / 17 ( Fri )
よく解ったから、
もう眠ってしまいなさい

(あなたが愛するのは何よりも己自身)


(短文)| 11 : 42 : 07 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Mix
2007 / 08 / 15 ( Wed )
あー、ちぃせぇな!
ジャンルなんか知るか。なにもかも何もかも
浸って耳に入れて口に放って
食っちまえ全部が己れの血肉

(手前が思ってるより ほら胃袋はでっかくて広い)


(散文)| 02 : 16 : 27 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
すべてが
2007 / 08 / 14 ( Tue )
まるで輝かしいものばかりで

この眼が潰れてしまいそう


(散文)| 17 : 26 : 06 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2007 / 08 / 14 ( Tue )
わたしを、分析、するな
わたしを、論述、するな
わたしを、はかるな

おまえではない、この、わたしを


(能力ではない、この、人格を)


(短文)| 12 : 05 : 03 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
弱さを盾に、するなよ
2007 / 08 / 14 ( Tue )
ソレで張り合って一体、どうしようってんだ?


(短文)| 12 : 03 : 41 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
仮面舞踏会
2007 / 08 / 13 ( Mon )
社交界、誰が誰やら、無礼講のマスカレイド
もちろん本当は、誰が誰だかわかっている
仮面の底の眼の底探り合いの猜疑心
あなたは夜会の王子さま
仮面の下にとどめた涙は肌を瞳を灼くでしょう


踊り疲れたら、ここにおいで
これは抱きしめるためにある腕

装飾の爪に裂かれてもいい
これは抱きしめるためにある腕


(散文)| 14 : 30 : 28 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
血縁の関係
2007 / 08 / 12 ( Sun )
従姉妹一家襲来。3兄弟、台風。
かわいいなぁ子供って。と傍観していたわたしに、
長男が駆け寄って言うのです。
「おねえちゃんはママに似ちょーね」
次男が生意気ぶって言うのです。
「ママみたいに怖いママになるんじゃろ」
うん、なれたらね。優しいだけじゃないママになりたいね。
三男はそりゃもう無防備な寝顔を、わたしの腕の中で晒してるのです。
掠われても知らないぞー。
かわいいなぁ子供って。
(日記)| 12 : 20 : 08 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なぜ?
2007 / 08 / 10 ( Fri )
実家のパソコンからインターネットに接続できない現状。
なぜ?
(日記)| 15 : 29 : 03 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
達観男優
2007 / 08 / 06 ( Mon )
やはりわたしを見てはいないか
求められている男になろう
嘘を吐くのを生業にして
わたしの仮面を塗り潰し這う


(散文)| 02 : 58 : 27 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お題
2007 / 08 / 06 ( Mon )
っぽく、短めの文を並べていこうと思ったのに、
並べる前に一つ使っちゃいました。馬鹿。

帰省中です。
明日早速暇です。
歌の箱にでも行こうと思います。
・・・会員証、部屋に置いて来た。
同行者が持ってることを祈ります。
(日記)| 01 : 24 : 17 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。